Mein Leben in Deutschland

京都出身ワーホリでドイツ在住。ドイツ野球3部NRWリーグ所属。独学でプログラミング学習中。

【既卒】はじめての就職活動【ワーホリ】

f:id:japanergimpei:20190731234008j:plain
やってみたい仕事が急にできたので1社エントリーしてみました。

実際には前から気になっていた仕事で将来的にこれをしておけば夢がかなえられそう。

っていうお仕事です。

 

僕の現状の立場ですが

・ワーホリでドイツにいる

・新卒を捨ててきて就活経験なし

・既卒1年目

今回応募したのは日本にある企業です。

企業にエントリーするところまでですが既卒の人はおそらく気になるであろうことをお伝えしていきます。

 

求人を探す

f:id:japanergimpei:20190731234205j:plain

求人の探し方ですが転職エージェントのようなものは見ていません。

有名なところだったのでホームページから求人情報を見つけ内容を確認しました。

 

求人サイトや転職エージェントみたいなのに載っていなくても自分がしたい仕事や働きたい企業があればとりあえずホームページなどに飛んでみることをおすすめします。

 

自分の立場ってなに?

f:id:japanergimpei:20190731234816j:plain

僕の社会的な立ち位置的なものをいうなら「既卒」でしょう。

高校や大学などを卒業したものの会社などに属していないひとのことを指しています。

 

ところが企業には「新卒採用」「第二新卒」「中途採用」はあるものの「既卒」の文字はほぼ見当たりません。

 

今回応募した企業の募集では新卒はすでに募集締め切り。タイミング次第ではここに応募もできたかもしれません。

中途採用のところには今の僕にはどうしようもできないことが書いてあります。

「○○業界で3年の勤務経験」これが必須であることが多いです。

 

あれ、これじゃあ応募する術がない??

 

とは思いましたがダメもとで企業の採用担当の方へメールを送ってみました。

 

内容としては「すでに大学を卒業していて社会経験がないが中途採用に応募できるかどうか」

この時自分がいつ大学を卒業したか、今ドイツにいることはあえて言いませんでした。

 

簡潔なメールを送るためです。

だらだら自分について語りながら質問メールを送る必要はないかと思います。

 

時差の関係で次の朝起きたらメールに返事がありました。

さすが日本、はやいです。

答えは「問題なく、必須条件を満たしていなくても採用しているケースはある」

だそうです。

 

なので既卒にもチャンスはあるようです。

ただし、応募前に採用担当の方に確認することはしたほうがいいと思います。

 

エントリーする

f:id:japanergimpei:20190731235246j:plain

ネットからのエントリーです。

初めてなのでなんか緊張しました(笑)

 

履歴書をパソコンで作成している場合は添付したりするようです。

僕は今回はなしで進めました。(スーツで撮った証明写真とかないから一応)

 

自分の住所や電話番号、これまでの職歴を書いていきました。

おそらくここが履歴書代わりになっているはずです。

職歴はアルバイトのことを記入しました。

 

自己PR・志望動機・ほか質問などを記入する欄がありました。

ここは一つにまとまっていて1000文字以内という制限が設けられていました。

 

普段からブログで1000文字は書いているので1000文字書くつもりでいました(笑)

このブログではここまで約1200文字、大体これくらいの情報です。

 

ちょっと文字数の相場を見たんですが

「簡潔に、長すぎないように」を心がけるようです。

確かにいっぱい応募があってみんな1000文字書いてきたら大変ですもんね。

文字の相場は300~400字。

 

志望動機と自己PRは別で一つの欄に対して300~400字っていう風に書いてありました。

ただそれを二つ合わせていいのか、ここが少しわからず結局めちゃくちゃ簡潔に400字で志望動機と自己PRをまとめました。

 

これでいっかって思って登録。これでエントリー終了です。

 

友人に見てもらう

f:id:japanergimpei:20190731235445j:plain

そのあとに就職している友人に見てもらって感想をもらいました。

「なんかほわっとしてる」とのことでした(笑)

熱意が弱かったようです。

 

400字にまとめることに集中してしまったので正直自分でも手応え、というかうまくかけていた気はしてませんでした。

 

ここは気をつけなければいけないところです。

ブログしてるのを活かして読みたくなる文書けば文字数の相場は多少無視できそうな気がしてます。

せっかくなんで文章力ここで磨いていくことを意識して次回があればつなげていきます。

 

あと転職エージェントもそうですが相談できる人が身近にいたほうが間違いなくいいなと思いましたね。