Mein Leben in Deutschland

京都出身ワーホリでドイツ在住。ドイツ野球3部NRWリーグ所属。独学でプログラミング学習中。

【投票率50%切り】若者票少なすぎる問題。

(一時的にはてなブックマーク、ツイッター等のボタンを取り除いております…)

 

f:id:japanergimpei:20190710164545j:plain


参院選についてのニュースを見ましたが今回の選挙の投票率が「見込みで」24年ぶりに50%切りそうとのことです。(7月21日に書いてます)

 

前回(2016年)を参考に年代別で見ていくと

50代以上の得票数が60%を超えているのに対し年齢が若くなるにつれ投票率はだんだん下がっていき20代は30%台とかなり低い。

今回の選挙ではこれを下回ると見込まれているのです。

 

少子高齢社会なので50代以上も結構な数がいるはず。

母数が多いうえに投票率が高いのです。

20代はその逆。母数が少ないくせに全然投票していない。

 

投票期間中に自分の地元の友人や学生時代の友人と繋がっているInstagramで投票するかどうかのアンケートを取ってみました。

結果としては思ったより投票率は高く7割超えでした。しかし中身を見てみるとそもそもアンケートを答えた人が少ないんですね。

 

ここは僕自身の人望的な要素かもしれません(笑)

ただ、おそらくですが答えなかった人は投票してないと思うんですね。

そのアンケートに答える気もないほど関心がないっていうことも考えられるかなって思ってます。中には就職による都合でできないとかもあると思います。

 

f:id:japanergimpei:20190722052715j:plain

若者が選挙に行かない理由って色々あると思うんですよ。

僕が思うに、

まず一つは投票したところで変わらないと思っている人が多い。

そういうこと考えている人が生活の拠点を海外に移す。日本に対して見切りをつけちゃうわけですね。

自分が動いたほうが早いって感じです。

 

実際僕もちょっとそういうこと考えつつドイツに来ました。

海外に永住するなら日本どうなってもいいやん。って

 

今は考え改めてますけどね。

 

もう一つは投票めんどくさい

いろんなことがITにより手軽に行える様になった世の中で選挙は鉛筆の手書き、それに投票場所に行かなくてはならない。

少なくともこれを「面倒だ」と考えている人はいるかもしれない。さっき挙げた政治が変わらないならなおさら。

 

かといって手軽に投票できちゃう世の中になっても怖いので嫌ですけどね。

 

 

若者の投票率上げるには現行の選挙制度では無理でしょう。

そもそも18歳からという選挙権。若い世代の投票率が上がったところで上の世代に勝てるのかというところ。

期日前投票みたいにいい感じで制度が変わっていって若い奴の票が強くなる制度にならんかなあ。

 

あとは30歳以上しか被選挙権がないとかも撤廃して超若い政治家とかいいじゃないですか。

 

 

 日本語でドイツの選挙について取り上げている方がいたのでこちら見ればドイツはどうなのか分かります。

www.akane1033.com

選挙離れといわれつつドイツでは70%くらいの投票率が今でもあり、郵送による投票や未導入ですがネット投票など試行錯誤しています。

f:id:japanergimpei:20190722052755j:plain

郵送で投票できるドイツ