Mein Leben in Deutschland

京都出身ワーホリでドイツ在住。ドイツ野球3部NRWリーグ所属。独学でプログラミング学習中。

【年金】【マリファナ】【エアコン】ドイツのネット記事読んでみた①

「ドイツ語のニュースを翻訳する記事」 

記念すべき第一弾です。

このシリーズではまずは記事原文を日本語で短くまとめて自分の意見・感想などあれば述べていく。という構成にしていくつもりです。

 

読んでいるのはT-Onlineっていう地下鉄の駅にも流れていたりするもので、ネットニュースかコラムかブログか微妙なところですが面白いと思ったものを厳選。

 

 

あなたの家に最もよい空調機器

本タイトル:Die besten Klimaanlage für Ihr Zuhause

f:id:japanergimpei:20190627025743j:plain

ドイツの気象予報士によると昨年2018年の夏が記録に残っている130年間で最も暑かったという調査の結果が出た。

専門家は、ドイツの緯度でさえもこれからは毎年のように暑くなっていくと考えている。

夜ぐっすり眠るためにも夜風だけでは物足りなくなってくるかもしれない。なんだったらあったか~い風が部屋に入るかもしれない。

空調機器ならそんな室温を下げられる。

 

空調機器にも2種類ありMonoblöckeSplitgeräte 

Monoblöcke はモバイルタイプ(日本でいう空気清浄機型のモノ)

メリット:安くて賃貸でも工事なしで置ける、設置場所の融通が利きやすい

デメリット:消費電力が高くうるさいので寝室には向いていない

 

Splitgeräte は取り付けタイプ(日本でもなじみのある部屋に取り付けるアレです。)

メリット:ランニングコストがモバイルよりも安く部屋をすぐに涼しくできる

 デメリット:初期費用が高い、取付工事が必要

 

賃貸に住んでいれば大家に確認しましょう。

 記事全文を読む(ドイツ語)

コメント

空調機器と書いていますがエアコンと考えてもらっていいです。

記事はこのまま商品紹介につながっていきました。

ドイツは日本のようにエアコンが浸透しておらず普通の家にはほとんどといっていいほど導入されていません。(車にはついてます)

 

なのでこのように日本人が聞けば「なにをいまさら」ってことが記事になっていますね。この記事も6月24日とつい最近のもので古い記事ではありません。

 

こちらの記事の回答となりました。

 

www.wohnenindeutschland.work

未だに夏は日中電気を使わず室内では外からの日光による明るさで過ごしたり窓からの風で暑さをしのいでいることもありますからね。

 

注意書きが記事にありました。

 

Achtung: Teilweise werden in Monoblöcken klimaschädliche Kältemittel verwendet. Die hier vorgestellten Klimageräte verfügen jedoch über ein Kältemittel mit guten Umwelteigenschaften und mit niedrigem Treibhauspotenzial. Dieses Kältemittel schädigt auch nicht die Ozonschicht.

”注意:部分的にこうした機器には環境を傷つけるものがつかわれています。しかしながらここで紹介されている空調機器は環境特性がよく、地球温暖化係数が低いものを使っています。これはオゾン層を傷つけるものではありません。”

 

みたいな感じでドイツ人が環境に配慮していることがわかりますね。

僕自身もこの季節は晴れていれば21時くらいまでは電気つけずに作業しています。

 

にしても近年は暑いのでこのようにエアコンも考えているのでしょう。

ドイツ在住でエアコンを考えている方はこの記事にいけばモバイル型エアコンのおすすめ商品などを見ることができます。

年金平均3.4%上昇

本タイトル:Durch jüngste Rentnerhöhungen Durchschnittsrente steigt um 3,4%

f:id:japanergimpei:20190627025956j:plain

2018年における年金の月あたりの平均額が前年より1159€から1199€と3.4%上がったことをドイツの年金機構が発表した。

年金機構によれば近年の政策によって決定された「年金支給開始年齢の引き上げ」が増額の主な理由だった。

 

西ドイツ在住男性の平均的な年金受給額が最も高く、彼らの受給額は2017年から2018年にかけて3.3%上昇し1412€となっている。

一方で東ドイツ在住男性は4.3%上昇していて1163€。

西ドイツ在住女性の額も2.9%上がっていて1024€東ドイツでは5.9%も上がっていて1043€。

 

※すべて月あたりの金額

※1ユーロ=122円(6月26日現在)

 記事全文(ドイツ語)を読む

 

コメント

ドイツでも年金受給の年齢引き上げが近年行われているようです。

こればっかりはどこの国も仕方ないことのようです。

 

やっぱり東ドイツは生活コストが低いので(ベルリンのような都市は例外)年金額低いですね。おじいちゃんおばあちゃんはこれくらいもらっていると十分過ごせているんですかね。それともしっかり貯蓄があるのかな?

 

若者のマリファナ使用率が上昇傾向にある

本タイトル:Cannabis-Konsum: Immer früher und häufiger 

f:id:japanergimpei:20190627030412j:plain

調査によると今どきのドイツの18歳~25歳は過去一年間に一度でもマリファナを吸ったことがあるのが22%。10年前である2008年は11%ほどと、その数は二倍になっている。

 

そして12歳~17歳に焦点を当てると8%。2011年の4,6%からこちらも増加の傾向にある。

 

ドイツ政府の麻薬長官 Moltler 氏によれば「『麻薬が危険じゃない』と謳っている人は大間違いで健康面で大きなリスクがある」とのこと。

記事全文(ドイツ語)を読む

コメント

ドイツでは日本に比べるとかなりマリファナに対しての取り締まりが緩いです。

マリファナって結局どうなんですかね?タバコより害は少ないとか言いますけどこうやって危ないっていう人もいるし。。。

しかもこれからビジネスでも結構注目されている業界ですけど、よくわかりませんね~

ちなみにドイツにいると街中でよく吸ってる人いたりしてるんですけど僕はあの匂い苦手ですね。

てか12歳からあんなタバコみたいな感じで吸っていると考えたら早すぎるでしょう。(笑)

 

まとめ必要?

f:id:japanergimpei:20190627030953j:plain

このカテゴリの記事にまとめ的要素は必要ですかね。

一つ一つにコメントもしてるしすべての記事に一貫性がないのでいらないと思っています。

 

次回からはこの部分いらないですね(笑)